本文へ移動

沿革

会社の歩み

昭和30年4月 前身である日本耐火工業有限会社を設立。
昭和39年2月 日本キャスタブル工業株式会社を設立。ラミング耐火物の製造販売を開始。
昭和40年     ウェットパン1基設置。
昭和41年      レイモンドミル1基設置。集塵装置設置。
昭和42年      不焼成用ドライヤー設置。
昭和43年      全国を12地区に分割し、約60社と代理店・販売店契約。
昭和44年      マイクロカーを導入し、全国PR活動とアフターサービスを開始。資材倉庫、製品倉庫完成。
昭和45年      粉体炉材プラント、重鉄骨製品積載場完成。
昭和50年      カンタルスーパー試験路設置。原料置場完成。
昭和51年      エクストルーダー設置。
昭和55年      試験研究室完成。
昭和59年     ミキサー用原料電動輪設置。
昭和62年      配合タンク計量ライン完成。
昭和63年      集塵装置設置(16台)
平成18年      ISO9001:2000認証取得。
平成21年     石野充信が代表取締役社長に就任。 
平成30年     ユースエール認定(青少年の雇用の促進等に関する法律)取得
昭和30年4月より前身系列母体会社において、製鉄・製鋼及び鋳鉄溶解炉壁用並びに補修用不定形耐火物の研究開発を主眼として研究団を組み、爾後約10年間の研鑽を重ねて新製品の技術開発と工業化に成功。一方、不定形耐火物の需要分野の年次拡大傾向を考慮し、その製造を専門として日本キャスタブル工業株式会社を設立し、新製品の量産化を図り、各種耐火物の製造販売をしてきました。

創業当時の様子

日本キャスタブル工業株式会社
〒705-0132
岡山県備前市三石573番地
TEL.0869-62-0555
FAX.0869-62-0722
■不定形耐火物製造販売■
1. パッチング材
2. 取鍋・築炉施工(キャスティングサービス)
3. プレキャストブロック
4. キャスタブル
5. ラミング材
6. モルタル・コーティング材
TOPへ戻る